ユーザー名:

パスワード:



パスワード紛失

faq

e-ラーニングコースについて

Q1-1.e-ラーニングの受講を申し込みたいのですが、手順を教えて下さい。

request_flow.jpg

1. 最初に e-learning のページにアクセスし、「受講申込」ボタンをクリックしてください。
別ウィンドウで「HPCI e-ラーニング受講申込」ウェブページが開きます。

必要事項を記入の上、「確認」ボタンを押してください。
前年度までに受講されていた方も、お手数ですが再度受講手続きを行ってください。

2. 申込受付メール(HPCI e-ラーニング受講申込)が、申込メールアドレス宛てに配信されます(自動システムより、通常即時配信されます)。 未着の場合、迷惑メールフォルダもご確認ください。

3. 申込受付メールに記載されたURL(ユーザ登録ページ)にアクセスしてください。

ユーザ登録ページで、e-ラーニング用ユーザ名を取得します。
ここで入力するメールアドレスは、直前の受講申込において記入されたe-メールアドレスと同じメールアドレスを入力してください。
異なるメールアドレスだった場合、ユーザ登録は行われませんのでご注意ください。

#誤って受講申込時と異なるメールアドレスでユーザ登録を行ってしまった場合、そのユーザ名を使用することはできません。同じユーザ名での登録(いったんユーザ名の削除が必要)を希望される場合は、事務局(hpci[at]cbrc.jp)までご連絡ください。そうでない場合は、別のユーザ名で改めてご登録をお願い致します。

ユーザ名の取得は先着順となります。再受講を申し込まれる場合、前年度までと同じユーザ名を取得できるとは限りませんのでご了承ください。

4. 受講の準備が整いましたら、改めてメール(HPCI人材養成プログラムでのユーザ名)にてご連絡いたしますので、しばらくお待ちください。
ユーザ登録完了から受講可能になるまでには、最長 2営業日の準備時間をいただいております。
ログインしてもe-learningウィンドウが起動しない場合、ポップアップブロックの設定をご確認ください。



Q1-2. e-ラーニングの受講開始の準備が整ったという連絡を受けました。どのようにアクセスしたらよいですか。

まずは、お申し込み時に取得されたアカウントとパスワードを、ウェブページ(http://hpci.cbrc.jp/ )左下にあるユーザー名・パスワード欄に入力し、ログインしてください。

ログインできましたら、同じページの左フレーム 下に表示される「e-learning受講」というメニューをクリックして下さい。
e-ラーニング画面が別ウィンドウに起動します。
起動しない場合、次の項目(Q1-3)をご覧ください。



Q1-3. e-ラーニングを開始しようと、ウェブページの左フレームにある「eラーニング」メニューをクリックしましたが、何も起きません(起動しません)。

ログイン後、左フレームの下方に「e-learning受講」というメニューが表示されます。このメニューをクリックしてください。

「e-learning受講」をクリックしてもe-ラーニング画面が起動しない場合は、ブラウザのポップアップブロックにより、e-ラーニング画面が起動できない可能性があります。(e-ラーニング画面は、HPCI ウェブページとは必ず別ウィンドウで起動します。)

「e-learning受講」メニューを右クリックし、別のウィンドウで起動して、新規に起動したウィンドウに「ポップアップはブロックされました」というメッセージが表示された場合は、
「このメッセージをクリック」-->「ポップアップを一時的に許可」とすると、e-ラーニングのウィンドウが起動します。
ただし、この方法では一時的な措置になりますので、次回以降も同様の操作が必要になります。

次回以降、常にポップアップを許可したい場合は、
「e-learning受講」を右クリックして新規ウィンドウで開く
「ポップアップはブロックされました。…」というメッセージをクリックし、
「このサイトのポップアップを常に許可」を選び、「'hpci.cbrc.jp'からのポップアップを許可しますか?」という確認メッセージで「はい」を選択します。



Q1-4. e-ラーニング受講アカウント/パスワードを紛失しました(変更したいです)。

e-ラーニングの受講アカウントは、HPCI ウェブページのログインアカウントと同じです。
このパスワードを紛失された場合またはパスワードの変更を希望する場合は、HPCI ウェブページの左メニュー下「パスワード紛失」をクリックし、ユーザー登録時のメールアドレスを入力してください。パスワード取得用のリンクが記載されたメールが登録メールアドレス宛に送られます。
なお、パスワードを任意に設定できるのは「初回のみ」(=ユーザー登録時のみ)で、「パスワード紛失」からの変更では任意にパスワード設定を行うことはできませんので御了承ください。

登録アカウントのメールアドレスを紛失された場合は、contactメニューより事務局までお問い合わせ下さい。

再発行に費用は発生しません。



Q1-5. e-ラーニングを視聴しようとしたら、ログインできませんでした。

当ブログラムで提供しているe-learningは、年度毎に登録が必要です。3月末ですべての登録アカウントはリセットされますので、過去に受講されていた方も新年度の受講申込受付開始以降、再度受講申込を行ってください。



Q1-6. 期間中に1度もe-ラーニングを使用しないまま受講期間が終了してしまいました。翌年度に使用することはできますか?

受講の有無に関わらず、受講期間は申込年度の年度末(3月末)までとなっています。
年度が切り替わるとそれまでの登録情報はすべて削除されますので、翌年度に再びe-ラーニングの御利用を希望される場合は、改めて受講をお申し込みください。



Q1-7. e-ラーニングの一部の講義だけを視聴することはできますか?

興味のある講義だけを選択して視聴することが可能です。



Q1-8. e-ラーニングは何度でも視聴できますか?

はい。
登録年度中(4月~3月)は、何度でもご視聴いただけます。



Q1-9. e-ラーニングのアカウントを得ました。このアカウントを複数人で共用としても構いませんか?

いいえ。
アカウントは登録した方のみが使用可能です。



Q1-10. 職場でe-ラーニングを視聴した後、自宅で続きを視聴しようとしたところ、すでに視聴したはずの部分のフラグが立っていません(消えてしまいました)。

視聴した部分には、e-ラーニング画面のメニューの端にフラグ(旗印)がつきます。
これは視聴したマシンのキャッシュ情報を利用しています。
したがって、同じアカウントでログインしていても、職場のマシンAとは異なる自宅のマシンBからアクセスした場合は、それまでマシンAで視聴した情報は引き継がれていません。



Q1-11. e-ラーニングの視聴終了後(ウィンドウ右上の「学習終了」ボタンをクリックした時)、「受講情報は正常に記録されました」と表示されます。
これはどういう意味ですか?

システム側では、どこまで視聴したかを記録しています。
もう一度同じ講義を起動し、左フレームにある「メニュー」ボタンをクリックしてください。
左フレームに、講義スライドの一覧が表示されます。
このうち、既に視聴した部分については、赤い旗の印がついており、どこまでみたのかがわかるようになっています。
ただし、この機能は同じネットワーク、同じ端末で視聴した場合にのみ有効となりますので、例えば途中まで職場で視聴し、自宅に戻って続きを視聴しようとしても、自宅では直前の視聴履歴を確認することはできませんので、御注意下さい。



Q1-12. e-ラーニングの修了認定試験(修了認定)とは、どういうものですか?

平成21年度のバイオインフォマティクス速習コースⅠの修了認定試験のことです。
修了認定は、同じく平成21年度のバイオインフォマティクスコースの修了認定条件を採用し、1問2点(全40問 80点満点)で48点以上を合格としています。



Q1-13. e-ラーニングの修了認定試験は、何度でも受験することができますか?

はい。
何度でも受験することができます。出題の順次は毎回同じですが、選択肢は都度順序がかわります。





Q2-1. 受講を希望する実習コースは既に満席となっていました。キャンセル待ちはできますか?

キャンセル待ちを実施している場合は、各講座の紹介ページ内から申込ページへのリンクを設けています。キャンセル待ちを実施していない場合はその旨をお知らせしていますが、不明な点などがありましたら「contact」メニューよりお問い合わせください。



Q2-2. 受講後、講義に対する質問がある場合は、どうしたらよいですか?また、質問はいつまで受け付けてもらえますか?

以下のメールアドレスまで、講義名、講師名と会員名を明記の上、お問い合わせ下さい。
   hpci-ml[@]cbrc.jp
([@]は半角のアットマークに置き換えてください)
質問は、当該講義のあった年度中であれば受け付け、事務局から担当の講師に転送します。回答には時間がかかる場合がありますが、御了承下さい。



Q2-3. 講義に対する質問をメールしたのですが、なかなか返事がありません。

担当講師の都合により、回答をお送りするまでお時間を要する場合がありますので、御了承ください。



Q2-4. 実習コースを受講する際、備え付けのPCではなく、自分でPCを持ち込んで実習を行いたいのですが、良いですか?

いいえ。
受講状況によっては、PCの持ち込みを依頼または許可することもありえますが、基本的には実習には備え付けのPCを御利用下さい。
講義のメモや、メールチェック等のためにPCを持ち込まれることは構いませんが、産総研LAN(インターネット)への接続はお断りしています。



Q2-5. 実習コースで使用したデータで帰宅後や帰社後に復習を行いたいのですが、データをもらうことはできますか?

ご提供可能なデータと、そうではないデータがあります。事務局までお問い合わせ下さい。



Q2-6. 受講前に予習を行いたいので、テキストを送ってもらえますか?

原則としてテキストは講義当日に配布し、事前送付は行っておりません。
ただし講師の方針・準備状況によっては、電子媒体による事前配布を実施する可能性があります。事前配布を行う場合は、受講申し込みをされたメールアドレス宛てに御連絡を差し上げます。



Q2-7.受講前に参考図書を教えてもらえますか?

一部の講義では、講師による参考図書をご紹介しています。各コース紹介ウェブページをご覧ください。



Q2-8.車での通所を希望しています。

通所の際は、なるべく公共交通機関をご利用ください。(アクセス

やむを得ずお車でお越しの際は、なるべく事前に事務局(hpci-ml[@]aist.go.jp([@]は半角のアットマークに置き換えてください))までご連絡ください。