ユーザー名:

パスワード:



パスワード紛失

概要

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 生命工学領域 創薬基盤研究部門では、国立研究開発法人理化学研究所の委託を受けて平成23年度より5年計画で産総研 生命情報工学研究センター、ゲノム情報研究センター(CBRC)が実施してきた「HPCI戦略プログラムにおける人材養成プログラム」を実施することになりました。平成27年度は事業最終年度となります。

国立研究開発法人理化学研究所が中核となって実施する「HPCI(High Performance Computing Infrastructure)戦略プログラム」は、

  • ① 次世代スパコン(いわゆる「京」)を中核としたHPCIを最大限活用して画期的な成果を創出
  • ② 高度な計算科学技術環境を使いこなせる人材の創出
  • ③ 最先端コンピューティング研究教育拠点の形成
  • を目指し、5つの戦略分野* について「研究開発」および「計算科学技術推進体制の構築」を推進する文部科学省補助事業です。CBRCが参加する「分野1 予測する生命科学・医療および創薬基盤」は、特定高速電子計算機施設の性能を最大限発揮させ、大規模シミュレーション・高度なデータ解析に基づく生命現象の理解と予測、およびそれを通じた薬剤・医療のデザインの実現を目標としています。

    本戦略プログラムにおいて、産総研 創薬基盤研究部門では「計算科学技術推進体制の構築」における人材養成を担当いたします。これは、産総研 創薬基盤研究部門が、CBRC(生命情報科学研究センター==>生命情報工学研究センター==>ゲノム情報研究センター)設立時より学生から若手研究者・企業等の技術者まで幅広い人材を対象とした人材養成のさまざまな手法を確立、豊富な実績を有しており、バイオインフォマティクス拠点として活発な活動を行っていることが評価されているためです。

    HPCI人材養成プログラムでは、広く一般を対象としたセミナー、ワークショップ、チュートリアルを実施し、計算科学技術と生命科学をより高度に融合させることができる人材の養成を目指します。




    HPCI戦略プログラム 5つの戦略分野