ユーザー名:

パスワード:



パスワード紛失

C-2_K インシリコスクリーニング概論・実習

2015年度の開講予定はありません

    医薬品のターゲットとなる遺伝子や、タンパク質の立体構造に関する情報を創薬に活用するための基本的な技術を学びます。いわゆるSBDD(Structure-Based Drug Design 構造に基づく創薬)や、バーチャルスクリーニングを実践します。
    本コースは、H21年度まで5年間に渡って実施した「生命情報科学技術者養成コース 創薬インフォマティクス技術者養成コース」全10日間のうち後半5日間の「バーチャルスクリーニング概論・実習」を2日間で講習できるよう再構成したもので、H22-23年度に生命情報科学人材養成コンソーシアムによる創薬インフォマティクスコース バーチャルスクリーニング概論・実習およびH24-26年度HPCIチュートリアル 創薬インフォマティクス実習コースと同等の内容となります。

    2015年度の開講予定はありません。受講を希望される方は、受講を希望される方は、東京開催の講座の受講をご検討ください。

    ※本コースは、「創薬分子プロファイリング研究センター」との共催で開催してまいりました。
    ※本コースは、「創薬等支援技術基盤プラットフォーム」の後援を受けて開催してまいりました。

    過去実績

    2014年度 実績

    2013年度 実績

    2012年度 実績