ユーザー名:

パスワード:



パスワード紛失

>> English

ワークショップ

2014年度 HPCI ワークショップ/生命医薬情報学連合大会2014スポンサーセッション

2014年10月4日(土) 9:00~10:30

  • 生命科学におけるビッグデータマイニング
     - 医療への実践を目指して

   




HPCI戦略プログラム 分野1「予測する生命科学・医療および創薬基盤」(SCLS)では、ゲノム・ビッグデータにみられる大規模な医療情報化の流れに対応した新たな医療基盤の構築を目標に掲げている。この目標は、生命医薬情報学連合大会2014が開催される東北の地で、東北メディカル・メガバンクプロジェクトが行っている東日本大震災の被災地における医療復興と相通ずるものがある。そこで、私たちは、医療現場で貢献できる研究基盤とし て、「京」を中心とするHPCI(High Performance Computing Infrastructure)が果たす役割を明らかにするための場を設けた。本セッションが医学・生物学の学生、研究者に役立てば幸いである。

※本ワークショップは、HPCI戦略プログラム 分野1(SCLS)との共催による生命医薬情報学連合大会2014 スポンサーセッションです。
生命医薬情報学連合大会2014は、東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)の山本雅之機構長が大会長となり、日本バイオインフォマティクス学会(JSBi)日本オミックス医療学会情報計算化学生物学会(CBI学会)の3学会共催により仙台で開催されます。
※ワークショップ終了後、引き続き関連技術の講習会として、別室にて門田 幸二 講師によるチュートリアルセッション「フリーソフトR を用いたビッグデータ解析:塩基配列解析を中心に」を開催します。


ポスター(約730KB)

お問い合わせは、contactページよりお願いいたします。

会場 宮城県仙台市 仙台国際センター 2階 大会議室(萩)
アクセスマップフロアマップ
日時 2014年10月4日(土)午前9時~10時30分
共催 HPCI戦略プログラム 分野1「予測する生命科学・医療および創薬基盤」
HPCI人材養成プログラム(産総研ゲノム情報研究センター(CBRC))
参加費 無料
※参加には生命医薬情報学連合大会2014への参加登録が必要です
招待講演
(敬称略、五十音順)
石田 貴士
東京工業大学大学院情報理工学研究科 計算工学専攻
門田 幸二
東京大学大学院農学生命科学研究科
新井田 厚司
東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター
松田 秀雄
大阪大学大学院情報科学研究科 バイオ情報工学専攻
司会 松田 秀雄
大阪大学大学院情報科学研究科 バイオ情報工学専攻
  • プログラム
講演順 講演題目 講演者 (敬称略)
9:00~9:20 ビッグデータ解析とR
概要
門田 幸二
ホームページ
9:20~9:40 スーパーコンピュータが実現する大規模メタゲノム機能解析
概要
石田 貴士
ホームページ
9:40~10:00 がんの進化と腫瘍内不均一性を理解するためのゲノム解析とシミュレーション
概要
新井田 厚司
ホームページ
10:00~10:20 脂肪細胞の遺伝子解析
-白色脂肪細胞の寒冷刺激による褐色化の機構解明-
概要
松田 秀雄
ホームページ
10:20~10:30 Q & A, Greetings 松田 秀雄

過去実績

2013年度 実績

2012年度 実績

2011年度 実績